【即日借入】おすすめランキング

借入するならスピード感がとても重要。というわけでさっそく、 即日借入OK&利息が安いキャッシング を当サイトからの申込者数でランキングにしてみました。全日参考にしてみてください。

本日、2018年6月19日の最新ランキングです。
※リアルタイム更新中


プロミス
カードレス+時間のない
金利・利息手数料
4.5%~17.8%

※はじめての借入なら30日間金利手数料無料
※30日間金利手数料無料でご利用いただくには、メールアドレス登録とWeb明細ご利用の登録が必要です。

おすすめポイント・メリットとは
SMBCグループの信頼感と安心感バツグン

最短1時間後には融資可能

初めての借入なら30日間金利手数料が無料

プロミスATM、三井住友銀行ATMなら手数料無料

学生や主婦でも安定収入がれば借入可能

コメント
SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が提供するサービスですので安心感抜群なのはもちろん、借入まで最短1位時間というスピード感、はじめての借入なら30日間無利息など、総合力NO.1のサービスといっても過言ではないでしょう。

借入の審査に関しても、学生や主婦でも安定収入があれば申し込むことが出来、在籍確認もバレないように配慮がされているなど、あらゆる点で融通が利くサービスです。

現時点で、希望の借入先が決まっていないのであれば、プロミスを選ぶのが一番無難な選択肢といえるでしょう。どんな方にも幅広く、受け入れられる定番カードローンです。




SMBCモビット
300x250 オリコンバナー
金利・利息手数料
3.0%~18.0%
おすすめポイント・メリットとは
最短即日借入も可能

10秒で簡易審査結果表示

最低金利3.0%は消費者金融キャッシングの中ではトップクラスの低水準

ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行いずれかの口座があればWEB完結手続き可能

WEB完結なら電話や郵送物なし、会社や家族にバレにくい

ご返済回数・ご返済期間、ともにゆとりがあるのでご返済がしやすい

スマホカメラで免許証を撮影すると名前などの情報を読み取り、申し込みフォームに自動入力可能

審査状況をPCやスマホにてリアルタイムで確認可能

コメント
SMBCモビットの特徴の一つは最低金利が3.0%~と非常に安い点です。通常3.0%の金利でお金を借りようと思うと、消費者金融では難しく、銀行カードローンでの借入が主となりますが、それでは審査が厳しくて通らないとか、手続きが面倒だということを機にされる方も多いと思います。

そんな中、消費者金融のキャッシングでありながら3.0%から融資が出来るというは非常に貴重な存在と言えます。ご返済期間も他社と比べると長めに設定されているので、比較的大きな金額を借入してゆっくりとご返済していきたいお客さまにオススメです。

一般的な消費者金融の在籍確認であれば、職場に電話がかかってきても、消費者金融であることを伏せて個人名を名乗ってくれますので、それでも借入がバレるリスクは十分低いと言えますが、なにがなんでも絶対に誰にも知られたくないというお客様はSMBCモビットを選ぶといいでしょう。

また、モビットは申し込みフォームの入力項目が少なく手早く申し込むことができるのも特徴です。

さらにスマホのカメラで運転免許証を撮影すると、免許証に記載された名前などをモビットの申し込みフォームに自動入力してくれますので、スピーディな申し込みが可能です。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

アコム
金利・利息手数料
3.0%~18.0%

※はじめての借入なら30日間金利手数料無料
※利息はご利用日数分だけ

おすすめポイント・メリットとは
最短即日借入も可能

借入審査回答は最短30分

審査の際の本人確認書類はスマホカメラなどで提出可能

初めてお金を借りる方は30日間金利手数料が無料

金利・利息手数料はご利用日数分だけだからオトク

コメント
アコムで借入をするメリットは、最短30分という審査の早さ、初めてお金を借りる場合は、30日間金利無料&金利はご利用日数分だけ、そしてご返済のしやすさの3つが主となります。

キャッシングの審査は24時間受付で、本人確認書類をスマホで手軽に提出できることもありスグに申し込めて回答が最短30分とスピーディです。早ければ即日での借入も可能なのでお急ぎのお客さまにも安心です。

そして金利ですが、一見すると金利3.0%~18.0%というのは他社の消費者金融比べても一般的な水準に思えますが、はじめてのお客さまに限り30日間無利息や利息がご利用日数分だけしかかからない日数計算式を採用しているなど、金利に関しては様々な優遇措置があり実際のキャッシング金利よりもオトク感があります。

ご返済方法も幅広く選べて、ご返済のペースまで選ぶことが出来ますし、ご返済期日前のメール通知がある点も高評価です。このようにとにかくご返済に関するサポートが手厚いの重要ポイントです。



アイフル
アイフル
金利・利息手数料
3.0~18.0%

はじめてなら最大30日間金利無料(無担保キャッシングローンご利用のかた)

おすすめポイント・メリットとは
最短即日借入も可能

事前の1秒診断アリ

審査回答は最短30分

借り入れをお急ぎの場合は、インターネットで申込後にフリーダイヤルに電話をするとさらに早くなる

初めてお金を借りる方は30日間金利が無料

会話ロボットの「ルフィア」なら誰にも知られずご相談可能

コメント
アイフルは、事前の1秒診断があり本審査の回答も最短30分とスピーディですが、さらに早く借入する方法としてネット申し込み後のフリーダイヤルなども用意している点が、とても好評です。

さらに無担保キャッシングローンをご利用の方で、お金を借りるのが初めての場合は30日間金利手数料が無料になりますのでオトクです。

審査通過後、実際に借り入れを受ける際に必要なキャッシングカードの郵送時に、時間指定ができますので自宅で自分しかいない時間に届けてもらうことも可能で、家族にバレにくく、こちらも好評です。

どうしても自宅でキャッシングカードを受け取れない場合は、アイフルの無人契約機「てまいらず」での受け取りも可能なので安心です。


借入とは(意味や読み方)

借入とは(意味や読み方)

借入とは(借り入れとは)、読み方は「かりいれ・しゃくにゅう」、一般に広く使われる意味としては「お金を借りる」ことを差します。金銭以外のモノを借りるときにも使われることもありますが、事実上、借入という言葉は、紙幣や硬貨などの貨幣・通貨を借りることとして使われる言葉と考えて差し支えありません。

借入というと銀行や信用金庫等からお金を借りることをイメージする人が多いですが、住宅ローンやカードローン、消費者金融、クレジットカードのキャッシングなどを意味することが多いです。また、個人だけでなく法人や事業主、会社経営者の資金調達の意味で借入という言葉が使われることもあります。

参考|借入の意味、読み方とは

お金を貸す側(貸し手側)からみれば貸付(貸したお金は貸付金)、または融資という言葉を使うこともあります。借りたお金は借入金と呼び、借入金には利息(金利手数料)を付けて返済をしなければならず、返済が滞ると信用情報機関にブラックリスト登録されてしまうので注意が必要です。

借入とローンの違いとは

借入とローンの違いとは

ローンは、住宅や車を購入する際に銀行などの金融機関から融資を受けることですが、世間一般での言葉の使われ方としては、これらも借入に含まれます。借入とローンの違いというよりも、借入という大きな概念の中にローンが存在すると考えるとしっくりくるかもしれません。

参考|借入とローンの違いとは

任意整理後に借入することはできる?

任意整理後に借入することはできる?

任意整理をすると、完全に借入が不可能とは言いませんが、かなり難しくなります。任意整理を行うと、信用情報機関に情報が登録されてしまいます。所謂、ブラックリストというものに登録されてしまいますので、大手の消費者金融や銀行カードローンを使った借り入れは非常に難しいです。

もしかすると、中小零細の消費者金融などは貸してくれる場合もあるかもしれませんが、当然、経済的な信用や返済能力に不安がある人に対しての貸し出しは金利が高くなってしまうでしょう。最悪の場合、闇金の利用につながりかねません。

任意整理後、信用情報機関から情報が消えるまでに5年以上はかかるといわれています。ブラックリストが消滅するまでは、基本的にはお金を借りることはできないものと考えて頂きたいですし、そもそも任意整理後に借入が必要になるような無計画な支出は控えるべきです。

※用語解説:任意整理とは

任意整理とは、債権者と債務者が任意の交渉を行い借金の減額を行う手続きです。すべての借金を返済するのは難しい人が弁護士などに依頼をして、借金の減額及び返済プランについて債権者と交渉をします。見事交渉成立となれば借金を減額することが出来る手続きです。

他社借入状況を隠したり嘘をついて審査を受けられる?

他社借入状況を隠したり嘘をついて審査を受けられる?

他社借入状況については、信用情報機関によって共有されていますので、他社借入状況を隠した状態で銀行なり消費者金融のカードローンに申し込んでもバレてしまいます。

バレたからといって必ずしも審査に通らないというわけではありませんが、他社借入は少ないほうが、当然、審査には通りやすくなりますので、借入残高がある場合はできるだけ早く減らしておきましょう。

他社借入はカードローンだけではなく、クレジットカードのキャッシング枠利用や自動車ローンなども含まれますので注意が必要です。

意外なところだと、クレジットカードのリボ払いも他社借入に含まれると言われています。リボ払いといっても事実上の借金ですから他社借入状況としてカウントされるのも不思議ではありません。

クレジットカードのショッピング枠は他社借入状況にカウントされません。奨学金もどうようですが、学資ローンなどの場合は、他社借入状況としてカウントされる可能性が高いようです。

ここまでで挙げたようなこれらの他社借入状況が審査にどの程度影響を及ぼすかは私たちにはわかりませんが、返済できるものは返済しておき他社借入残高を減らしておくことは有効だといえるでしょう。

どうしても他社借入残高を減らせず、審査に通りそうもないという場合は、他社借入状況がよくない状態であったとしても融資を受けられるカードローンやキャッシングを選びましょう。

比較的大きな金額の融資が可能な銀行カードローンであれば、他社借入状況が芳しくなくても、その残高をまとめてしまう「おまとめローン」「一本化」というサービスを使って融資を受けられる場合があります。

これなら複数からの他社借入があっても、審査に通る可能性があります。もちろん、過去の返済状況や現在の借入状況・残高やご自身の信用情報など総合的な判断での審査になりますので、100%審査に通るわけではありませんが、他社借入が多い方は試してみる価値があります。

参考|他社借入状況とは

無職でも借入できる?

無職でも借入できる?

無職の方が借入をするのは難しいです。どこの消費者金融でも銀行カードローンでも、安定収入のある方というのが条件となっておりますので無職の方は借り入れ審査には通りません。

万が一、無色でも借入が出来る消費者金融があったとしても、法外な金利で貸し出しを行う闇金である可能性高いですから警戒が必要です。

いま無職でお金を借りたいのであれば、パートでもアルバイトでもいいから始めましょう。パートやアルバイトでも安定収入があれば借入できるところはいくらかありますが、無職では無理です。

住宅ローンの借入可能額はいくらくらい?

住宅ローンの借入可能額はいくらくらい?

住宅ローンの借入は、当サイトで紹介しているカードローンでは難しいですが、せっかくなので解説します。

住宅ローンの借入可能額は、審査を受けてみないとわからないというのが実際のところですが、一般的な相場としては年収倍率という指標があり、年収の5倍とか6倍くらいが相場になることが多いです。

もちろん、年収倍率は年々数値が変化したりもしますが、このくらいが借入可能額の目安となるでしょう。年収400万円の人が住宅ローンの借入をしようと思うと、年収倍率が6倍なら2400万円まで借り入れが可能といいうことになります(あくまでも目安です)。

借入金返済シュミレーションはどうすればいい?

借入金返済シュミレーションはどうすればいい?

借入金の返済シュミレーションは多くの銀行や消費者金融のホームページにアクセスすればできるかと思います。

参考|プロミス借入金返済シュミレーション

住宅ローンの借入返済シュミレーションの場合は、先ほどの年収倍率からおおよその借入可能額を算出して、その後、返済負担率という指標を使います。

返済負担率とは年収のうち、どれくらいの割合が借入金の返済に充てられるかというものです。

年収400万円の人が年間100万円返済した場合、返済負担率は25%になりますが、住宅ローンの場合は、借り入れ金額にもよりますがだいたい30%~35%くらいが一般的だといわれています。

この方法で住宅ローンの借入金返済シュミレーションを行うと、自分の年収の約3割くらいが返済のペースとなることが多いです。

参考|借入金とは
参考|借入金返済シミュレーションとは

借入を英語で表すと?

借入を英語で表すと?

借入を英語にすると「Borrowing」です。読み方はgoogle翻訳の音声読み上げで確認してください。

無担保借入とは?

無担保借入とは?

お金を借りる際には、返済が滞ってしまった時の為に担保を必要とする場合が多いです。担保とは、土地や不動産など、金銭的な価値のあるものであり、万が一、借主が返済不能になってしまった場合、担保として預けておいた不動産などを売却して、その売却益を貸主に支払うことで返済を行うという仕組みです。

担保は比較的大きな金額をのお金を借りる場合に求められることが多いですが、当サイトでご紹介しているような消費者金融や銀行カードローンであれば、基本的には少額融資がメインとなりますので無担保で借入が可能です。

会社にバレない借入方法はありますか?

会社にバレない借入方法はありますか?

融資を受ける際に多くの人が気にするのは、身内や家族にお金を借りたことがバレてしまうのではないかという問題です。もしくは、お金を受け取る際に赤の他人とは言え、周囲の人にバレたくないという人も多いようです。

そんな方の為に、身内や家族、周囲の人にバレにくい借入方法をご紹介します。

まず、バレたくない対象が誰なのかによって借入方法が異なるので、誰に隠したいのかは明確にしておいてください。

お金を借りる際にバレやすいポイントは以下の3つです。

・ローンカードが発行されるお借り入れ方法

財布を部屋に置きっぱなしにしていると、配偶者にバレてしまう可能性がある方法です。

・銀行振り込みを使ったお借り入れ方法

家族共有の口座がある場合や日常的に配偶者が明細を見ている場合、バレるリスクが高い方法であるといえます。

・自動契約機に出向いて、その場でお借り入れをする方法

消費者金融の場合は、周囲の人にお借り入れをしていることがバレてしまいやすい方法です。

この3つのリスクを最小限に抑える借入方法は、プロミスにネット申し込みをして、三井住友銀行の契約機でお金を借りるという方法です。

まず、プロミスはカードレスで融資を受けられますので、ローンカードが手元になくても大丈夫なので、カードによってバレるリスクを抑えることができます。

プロミスは自動契約機に出向いて、そこで契約を済ませて、その場ですぐに融資を受けられるので振込の履歴も残りません。

大手消費者金融なら大抵そうなのですが、プロミスの場合は、三井住友銀行の契約機を使うことができますので、周囲の人から見ても、銀行口座からお金を引き出しているように見えることもあるので、多少は安心感があります。

銀行業務は3時で終了するので、それ以降は、お客さんもほとんどいないので、そもそも周囲の人に見られるリスクが少ないのです。

これは100%バレない方法ではありませんが、出来る限りバレるリスクを減らしたいのであれば、オススメの借入方法です。

借入金はどう仕訳する?

借入金はどう仕訳する?

借入金の仕訳とは、主に帳簿、会計の話です。貸方(資産)、借方(負債)に分かれた貸借対照表(バランスシート)に、借りてきたお金をどう記入するかという話です。

借入をすること自体は借金ですから負債と思ってしまいがちですが、実際には資産と負債の両側に計上します。これが借入金の正しい仕訳方法です。

確かに、借りたお金は借金ですから借方(負債)の欄に書き込む必要がありますが、借りたことで手元にお金ができたわけですからこれは資産になると考えれば仕訳への理解も深まるでしょう。

借入残高はできるだけ減らしておけ

借入残高はできるだけ減らしておけ

借入残高とは、これからどこかのカードローンなどに申し込もうと思った時に、他社も含めてあなたが全体でどれくらいのお金を借りているかを示すものです。

当然、多ければ多いほど、返済能力があるのか疑問視されてしまいますので、審査を受ける際には出来る限り借入残高は減らしておく必要があります。

一般的な借金だけでなく自動車ローンなども借入残高としてカウントされていますので、返済ができるものは早めに返済をしておきましょう。

奨学金は他社借入、借入残高にカウントされる?

奨学金は他社借入、借入残高にカウントされる?

奨学金も返済が著しく滞ってしまうとブラックリストに登録される可能性があると言われていますので、そうなってしまうと審査の際に不利になってしまいますが、きちんと返済を続けている限りは他社借入残高としてはカウントされ無いという考えが一般的です。

借入可能額はどれくらい?

借入可能額はどれくらい?

借入可能額は人それぞれ信用によって違いますが、基本的には、借りたお金をきちんと返済している履歴がある人のほうが多く借りられる可能性が高いです。

初めてお金を借りる場合は、大手消費者金融の場合、所得証明書が要らない50万円程度が限界というのが一般的な相場ではないでしょうか。

審査なしで借入したい

審査なしで借入したい

確かに審査なしで借入する方法もなくはないですが、それは個人融資の掲示板など怪しげなものしかありません。

審査なしを希望している時点で、審査に通らない可能性が高い人であることが確定しますので、当然、金利は高くなり取り立ても非常に厳しいものになります。

銀行借入するなら

銀行借入するなら

銀行カードローンは消費者金融と違って総量規制の対象外となりますので、融資可能な金額が大きいのが特徴です。総量規制とは年収の3分の1までしか貸付できない規制なのですが、その規制の対象外なので年収の3分の1以上お借り入れが可能ということです。また、金利についても消費者金融の融資と比べるとだいぶ低い水準になりますのでオトク感があります。消費者金融よりは審査や手続きが多少面倒になる部分もありますので、手軽にお金を借りられるという点では消費者金融に軍配が上がります。

三菱UFJ銀行「バンクイック」
バナー画像
金利・利息手数料
4.6%~14.6%
おすすめポイント・メリットとは
メガバンクのひとつである三菱UFJ銀行だから安心、圧倒的人気
最短即日借入も可能
審査回答は最短30分
ご返済金額は1000円単位でOK
貸出金額は1000円単位
ご返済時のATMご利用手数料無料
安定収入が無くても配偶者に収入がある場合は申込可
用途自由(事業性資金を除く)
総量規制対象外
コメント
バンクイックはメガバンクの三菱UFJ銀行が提供するサービスで銀行カードローンの中でも圧倒的な人気を誇ります。

審査回答が最短30分で即日借入も可能、銀行でありながらも借り入れまでがスピーディな点も高評価のポイントです。

1000単位で気軽に借り入れや返済ができるので、無理なくご利用でき、用途も自由です。

安定収入があるお客様はもちろん、配偶者に安定収入がある人なら申し込めるという間口の広さもあり、幅広く多くのお客さまが借り入れに利用している定番の銀行カードローンです。


best21
三井住友銀行カードローン
バナー画像
金利・利息手数料
4.0%~14.5%
おすすめポイント・メリットとは
メガバンクのひとつでもある三井住友銀行だから安心
三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンスのブランドで「プロミス」を提供していることでもおなじみ
最短即日借入も可能
審査回答は最短30分
ご返済は月々2000円~
ご返済方法のバリエーションが豊富で融通も利くので無理なく返せる
三井住友銀行ATMや提携コンビニATMの借入・返済手数料無料(大手コンビニATMの多くと提携しているのでATM手数料無料で使えることが多い)
おまとめや借り換えにも対応
コメント
三井住友銀行はプロミスやSMBCモビットなどを傘下に抱えるメガバンクで、三井住友銀行自体もカードローンのサービスを提供しています。

審査回答の早さや借入までのスピード、借り入れのしやすさ(ATMなどの台数が多いなど)はもちろんですが、借り換えやおまとめにも対応しているなど、幅広く、多くの人のニーズを満たす借り入れ先となっています。

ご返済が豊富な点や余裕がある時の臨時ご返済にも対応しているので、比較的ご返済はしやすいといえるでしょう。

返済時のATM手数料は、三井住友銀行ATMはもちろん提携コンビニATMで無料になりますので、金利だけでなく手数料も含めて金銭的なメリットが非常に大きいキャッシングサービスです。

※即日借入をご希望の方へ

即日借入をご希望の場合は、WEB申し込みを済ませてからローン契約機でカードを受け取るという方法がオススメです。ローン契約機で契約が完了する為、契約に関する書類が郵送されることなく、家族に借り入れがバレるリスクを小さくすることが出来ます。

三井住友銀行のローン契約機は全国に1400台以上あり、アクセスがとてもいいです。(プロミスの契約機も使えます。それを含めての台数です。)

また、消費者金融のローン契約機をご利用いただくと、周囲の人に借金をしていることがバレるのではないかと抵抗を感じるかもしれませんが、三井住友銀行のローン契約機なら、周りの人に見られてもさほど違和感がなく心理的ハードルが低くお勧めです。

三井住友銀行内のローン契約機であれば、銀行の営業時間である午後3時を過ぎてると、人も少ないので、周りの目が気になるお客様は、その時間帯を狙って借り入れをしてもいいでしょう。


best31
ジャパンネット銀行カードローン
バナー画像
金利・利息手数料
2.5%~18.0%
おすすめポイント・メリットとは
最低金利2.5%~と非常にオトク、業界でもトップクラスの低水準
審査回答は最短60分
ご返済日を1日単位で指定できる
ご返済方式を2種類から選ぶことが出来、ご自身のプランに合わせて無理なくご返済できる
臨時収入があった時など、一部ご返済や全額ご返済可能で利息もオトクに
専業主婦でも配偶者に安定収入があれば審査可能
おまとめローン可
総量規制対象外
コメント
ジャパンネット銀行カードローンは最低金利が2.5%と非常に安いのが特徴で、全体的に金利に関してはかなりお得に借入できるサービスと言えます。

上限金利の18.0%というのは銀行カードローンの中では高めの水準ではありますが、ご返済方式を2種類から選ぶことが出来ますので、短い期間(少ないご返済回数)で返すプランを選ぶことで、トータルの金利手数料を安く抑えることも可能です。もちろん、1回1回の支払金額が大きいと困るというお客さまは、少しずつ長い時間をかけてご返済してもOKです。

その他、ご返済費を1日単位で指定出来たり、臨時で一部ご返済・全額ご返済にも対応していますので、借り入れ時の使いやすさだけでなく返す際の利便性も良いのがウリです。


りそな銀行カードローン
バナー画像
金利・利息手数料
3.5%~12.475%

りそな銀行の住宅ローンをご利用のお客さまは、さらに金利が0.5%安くなります。

おすすめポイント・メリットとは
上限金利でも12.475%、上限金利の安さは他行よりも頭一つ抜き出ている
審査回答は最短2時間
休日でも審査、借入の申し込み可能
WEB完結で来店不要
安定収入があればパート・アルバイトでも可
りそな銀行の住宅ローンご利用者はさらに金利が0.5%低くなる
総量規制対象外
コメント
りそな銀行カードローンの大きな特徴は、とにかく借り入れ金利が安いという点です。上限金利でも12.475%ですので他の銀行と比べても金利が安いことは一目瞭然ですが、それだけではありません。

限度額の800万円型コースの審査に通過してしまえば、必ずしも800万円借りなくても、限度額の範囲内であれば3.5%の金利でお借り入れが可能です。800万円型コースで契約して10万円しかお借り入れをしない場合でも金利は3.5%となります。

その他にも審査によって、50万円型/100万円型/150万円型/200万円型/300万円型/400万円型/500万円型/600万円型/700万円型/800万円型とコースが分かれており、コースの限度額が高くなるほど金利が安くなります。

もちろん、どのコースであても限度額まで借入しなくても、コースごとの安い金利が適用されます。300万円型コースでも7.0%になりますので、金利の面では他の銀行よりもかなりオトク感があります。


楽天銀行スーパーローン
金利・利息手数料
1.9%~14.5%
おすすめポイント・メリットとは
年会費無料
入会&利用で楽天ポイント31000P贈呈
入会だけでも1000ポイント贈呈
楽天会員のランクに応じて審査優遇可能
コンビニATM手数料無料
パートアルバイトでもOK
コメント
楽天銀行スーパーローンの良いところは、比較的間口が広い点です。楽天会員としてのランクに応じて審査を優遇してくれたり、通常、銀行から借入する場合、パートやアルバイトは不利になってしまうことが多いところ、楽天銀行スーパーローンはパート・アルバイトも歓迎となっています。

もう一つの特徴は、楽天銀行スーパーローンの入会だけで楽天ポイント1000Pを貰うことができ、さらに、その後の利用に応じて最大30000Pを貰うこともできます。

既に楽天銀行の口座をお持ちの方は、その銀行口座をそのまま利用できますので、楽て銀行や楽天会員として既に何かしらのサービスを利用している場合、楽天銀行スーパーローンは非常に手軽に利用できるサービスといえるでしょう。


セブン銀行カードローン
金利・利息手数料
14.00%~15.00%(変動金利?) ※詳しくは公式サイトにてご確認ください
おすすめポイント・メリットとは
限度額を選べるため、無理ない借入が可能で借りすぎ防止に
返済は月々5000円からなので負担が少ない
きちんと返済するとnanacoポイントがたまるので実質、表向きの金利よりもオトクに
セブン銀行のキャッシュカード1枚で借入ができるのでバレにくい
セブン銀行口座を持ってなくても、カードローンと一緒に開設可能
コメント
セブン銀行カードローンの特徴は返すときのことをよく考えているという点です。まず限度額を選べることで借りすぎを防止、無理のない範囲で借りて、無理のない範囲で月々5000円から返済可能。さらに着実に返済をしているとnanacoポイントがたまるので、お金を借りすぎてしまうのではないかと心配な方にオススメなカードローンといえます。

また、セブン銀行のキャッシュカードで借入ができるので、家族や知人等にお金を借りていることを知られにくいというメリットがあります。セブン銀行の口座を持っていなくても、同時に銀行口座開設もできますので、その時点で銀行のキャッシュカードを発行すればよいでしょう。


じぶん銀行カードローン
金利・利息手数料
2.2%~17.5%
おすすめポイント・メリットとは
KDDIと三菱UFJ銀行が共同で出資した銀行だから安心
auユーザーなら年間最大0.5%優遇
auユーザーなら借入までの手続きは全てスマホで完結
ATM手数料0円
返済は月々1000円~
コメント
じぶん銀行カードローンはKDDIと三菱UFJ銀行の共同出資によって作られた銀行のカードローンなので安心して利用できます。auユーザーであれば、借入までの手続きがシンプルで利用開始までが早く、金利優遇までありますので、auユーザーであれば必ず選択肢に入ってくるであろう銀行カードローンです。

ATM手数料無料、月々1000からの返済は、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」とも似ています。


住信SBI銀行「MR.カードローン」
金利・利息手数料
0.99%~14.79%
おすすめポイント・メリットとは
最低金利0.99%
100万円の借入でも利息は863円から
最短60分で審査完了
月々の返済は2000円から
必要書類はスマホで提出可能
コメント
住信SBI銀行「MR.カードローン」はとにかく金利が低いのが特徴です。消費者金融と比べて銀行のほうが金利は低めですが、その銀行の中でも特に金利が低く、最低0.99%です。

もちろん、最低金利の0.99%で借入ができるくらい大きな金額を借りる人は少ないかもしれませんが、金利が低いこと自体は住信SBI銀行「MR.カードローン」の魅力の一つです。

一般的に審査が遅い傾向にある銀行カードローンですが、最短60分で審査完了というスピード感も、他の銀行にはあまりない魅力です。


ゆうちょ銀行カードローン「したく」
金利・利息手数料
7.0%~14.9%
おすすめポイント・メリットとは
ゆうちょ銀行カードローンとなっていますが、実際にはスルガ銀行カードローンである
ゆうちょ銀行ATM・スルガ銀行ATM・セブン銀行ATM・イオン銀行ATMなどを利用可能
限度額はたっぷり500万円
毎月の返済額は3000円から
コメント
ゆうちょ銀行カードローン「したく」という名前ですが、ゆうちょ銀行はスルガ銀行の契約を媒介している代理店のようなポジションである為、実際には、ゆうちょ銀行ではなくスルガ銀行との契約になるようです。

銀行カードローンとしての特徴は、限度額が500万円と大きく、毎月の返済額が最低3000円と無理なく返済できる点が挙げられます。

その他、ゆうちょ銀行ATM・スルガ銀行ATM・セブン銀行ATM・イオン銀行ATMなど設置台数の多いATMを使って借り入れや返済ができますので利便性は高いでしょう。


ちばぎんカードローン(千葉銀行)
金利・利息手数料
1.7%~14.8%
おすすめポイント・メリットとは
東京・千葉・埼玉・茨城の全域と神奈川の一部で利用可能
返済額は月々2000円から
自動返済だから返済忘れの心配なし
千葉銀行の口座をお持ちの方なら来店不要&WEB完結
コメント
ちばぎんカードローンは千葉銀行が提供しているサービスで、利用できる地域は限られていますが、最低金利1.7%と非常に低い金利での借り入れが可能で魅力的なサービスです。

千葉銀行の口座を持っている方なら来店不要で手続きできます。千葉県民の方は千葉銀行の口座を持っている方も多いですから、十分に検討する価値のある借入先です。


借入スピードを比較

借入スピードを比較
審査回答 借入までの期間
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短即日
SMBCモビット 最短30分 最短即日
アイフル 最短30分 最短即日
三菱UFJ銀行 最短30分 最短即日
三井住友銀行 最短30分 最短即日
ジャパンネット銀行 最短30分 最短1時間
りそな銀行 最短2時間
楽天銀行
セブン銀行
じぶん銀行
住信SBIネット銀行 最短60分(仮審査)
ゆうちょ銀行
ちばぎん(千葉銀行)

※SMBCモビットは申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

借入までの期間を比較

審査回答はどこのカードローンもほぼ最短30分ですが、実際に借り入れが可能になるのはプロミスジャパンネット銀行が最短1時間で少し早いようです。

とはいえ、その他の最短即日借入となっているサービスでも、1時間で借り入れできることもあるでしょう。反対に、最短1時間、最短即日であっても、申し込みの時間帯によって翌日以降になることもあります。

基本的には消費者金融のほうが銀行よりもスピード感はあります。また、銀行はあまり即日融資やスピードをウリにすることが少ないので、銀行ホームページ上に借り入れまでの期間を載せていないことが多いでしょう。

今すぐ借りるならココ!

最短即日OKな借入ランキング
(クリックでジャンプします。)

借入金利・実質年率を比較

借入金利・実質年率を比較
下限金利 上限金利
プロミス 4.50% 17.80%
アコム 3.00% 18.00%
SMBCモビット 3.00% 18.00%
アイフル 3.0% 18.00%
三菱UFJ銀行 4.60% 14.60%
三井住友銀行 4.00% 14.50%
ジャパンネット銀行 2.50% 18.00%
りそな銀行 3.50% 12.48%
楽天銀行 1.90% 14.50%
セブン銀行 14.00% 15.00%
じぶん銀行 2.20% 17.50%
住信SBIネット銀行 0.99% 14.79%
ゆうちょ銀行 7.00% 14.90%
ちばぎん(千葉銀行) 1.70% 14.80%
借入金利を比較

借り入れ金額が大きくなればなるほど、金利は下がっていきます。下限金利が適用されるには数百万円単位で借りないといけないので、実際には大多数の人に上限金利が適用されることになるでしょう。

全体的には銀行カードローンのほうが金利は低めです。消費者金融同士で比較すると、ほんの少しプロミスの金利が低いです。

無利息期間を比較

無利息期間を比較
無利息期間 備考
プロミス 30日間 初回借入日から30日間
アコム 30日間 契約の翌日から30日間
SMBCモビット
アイフル 30日間 契約の翌日から30日間
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
ジャパンネット銀行 30日間 初回借入日から30日間
りそな銀行
楽天銀行
セブン銀行
じぶん銀行
住信SBIネット銀行
ゆうちょ銀行
ちばぎん(千葉銀行)
借入後の無利息期間を比較

無利息期間が設けらているのは消費者金融が中心で、SMBCモビットを除き30日間の無利息期間がついています。少額融資で1カ月以内に返済できる目途が立っている人は、無利息期間付きの消費者金融がおすすめです。

ちなみに、アコムアイフルは契約後、借入の有無にかかわらず、契約日の翌日から自動的に無利息期間がスタートしてしまいますが、プロミスだけは初回借り入れをした日からカウントダウンがスタートしますので、無駄なく無利息期間を消化できるのが大きなメリットです。

銀行は、ジャパンネット銀行カードローンに無利息期間が設けられています。

クレジットカードのキャッシング枠(借入枠)

クレジットカードのキャッシング枠(借入枠)

クレジットカードを使って借り入れをしたい方の為に、キャッシング枠のあるクレジットカードについてまとめてみました。クレジットカードのリボ払いも事実上の借入ですし、他社借入状況としてカウントされるものですのでこちらにまとめてみました。「-」となっている欄は探したけれども情報が見つからなかったものです。

クレジットカードの借り入れを利用するのは構いませんし、リボ払いの利用も構いませんが、リボ払いは借金だという意識が薄かったり、そもそもリボ払いがどのような仕組みになっているかを知らずに利用してしまう人が多いので一定の注意は必要かと存じます。

基本的には、大手のカードローンを使った借入をお勧めしていますが、既にお持ちのクレジットカードがいかにある場合や、クレジットカード・リボ払いの知識が豊富な人はこちらを利用しても良いでしょう。

▼クレジットカード名 ▼リボ払い枠 ▼キャッシング枠 ▼キャッシング枠年率
三井住友VISAゴールドカード 200万円 50万円
▼クレジットカード名 ▼リボ払い枠 ▼キャッシング枠 ▼キャッシング枠年率
ACマスターカード 800万円(クレジットと合算) 10.0%~14.6%
▼クレジットカード名 ▼リボ払い枠 ▼キャッシング枠 ▼キャッシング枠年率
イオンカード 300万円 7.8%~18.0%
▼クレジットカード名 ▼リボ払い枠 ▼キャッシング枠 ▼キャッシング枠年率
三菱東京UFJ-VISA 50万円(キャッシング枠のうち) 50万円
▼クレジットカード名 ▼リボ払い枠 ▼キャッシング枠 ▼キャッシング枠年率
セゾンカード 50万円 18.00%

中小消費者金融の借入比較

中小消費者金融の借入比較

ここでは中小消費者金融の借り入れ情報をまとめています。あくまでも公表されている情報をまとめているだけですので、必ずしもお勧めというわけではありません。大手よりも中小のほうがいいですとか、大手での審査が厳しいから中小を利用したいという方はご覧ください。

個々の情報はあくまでも概要ですので詳しくはご自身で検索してみてください。

基本的には、初めての借入の場合や大手のカードローン審査に通過できる人はそちらを利用した方が安心といえるでしょう。

▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
AZ 7.00% 20.00% 1~1000万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
アロー 15.00% 19.94% 200万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
エイワ 17.95% 19.94% 50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
キャネット 15.00% 20.00% 50万円(新規)
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
スペース 8.00% 18.00%
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
セントラル 4.80% 18.00% 500万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
ノーローン 4.90% 18.00% 300万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
フクホー 7.30% 18.00% 200万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
フタバ 14.96% 17.95% 10~50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
ライフティ 8.00% 20.00% 1000円~500万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
ビアイジ 12.00% 18.00% 1~200万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
プログレス 15.00% 20.00% 5万円~50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
エース 7.00% 20.00% 100万円以内
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
友林堂 12.00% 16.80% 調査中
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
SGファイナンス 9.85% 18.00% 1万円~300万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
プラン 15.00% 20.00% 1万円~50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
いつも 7.00% 18.00% 1万円~50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
アルク 18.00% 18.00% 1万円~50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
ユーファイナンス 7.30% 15.00% 700万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
ユニーファイナンス 12.00% 17.95% 1万円~300万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
マンモスローン 7.30% 15.00% 100万円~2000万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
キャレント 7.80% 18.00% 1万円~500万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
ニチデン 7.30% 17.52% 50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
中央リテール 10.95% 13.00% 500万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
アルコシステム 15.00% 20.00% 50万円
▼消費者金融名 ▼最低金利 ▼最高金利 ▼限度額
スカイオフィス 15.00% 20.00% 1万円~50万円

追記

銀行によるお整理貸し出しは支出者金融に比べると低利率で、多額の貸し出しもこしらえる事ができるなため役立つなのですが、査定が難関で時も取られる点が残念なところです。
よく知られている金融機構が推進しているカード貸付金のおおかたが、実用的な即日融資をウリにしており、申請を入れたその日に好きなようにお金を借りる事が可能なわけです。
「即日融資OK」と書かれていたとしても、それを実現する為に満たさなければいけない前提は、キャッシング企業によってばらつきがあります。
ここでは、キャッシュを手に入れるするまでが早い支出者金融を順位順に掲載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です