オリックス銀行|カードローン詳細まとめ

オリックスは日本最大手の総合リース企業を営む会社です。カードローンは、グループ会社内で金融を中心に取り扱うオリックス銀行で提供されるサービス。各種のローンに関する金融商品は知名度もありますが、カードローンの内容も覚えておきましょう。

金利・利率

オリックス銀行カードローンは、実質年率が3.0~17.8%です。

上限は、他の銀行と比べると高い金利となっていますが、下限については非常に低いのが特徴。さまざまな条件が非常に良いことで知られる三井住友銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンクのカードローンに比べても低いため、高額借入を検討しているお客さまにおすすめのカードローンと言えそうです。

関連|銀行借入の金利一覧(消費者金融よりも低金利)

限度額

限度額については、最高800万円に設定されています。

これは、銀行のカードローンのなかでも比較的高い数字で、おまとめローンをはじめとした高額借入に対応しやすいのが特徴です。

ほかの点で審査が厳しくなってしまう懸念はありますが、高額の借入で必要な書類が減り、手続きの手間が省けるのは大きな利点。大きい借入額になれば金利が下がりやすくなりますから、300万円近くのお借り入れを検討のお客さまにとってはオリックスのカードローンはご利用しやすいでしょう。

ご返済方式・ご返済方法

オリックス銀行のカードローンが採用するご返済方式は「残高スライドリボルビング方式」です。

これは、融資額の残高に応じて最低ご返済額が定められる仕組みで、その月のご返済額が分かりやすいのが特徴です。一定期間の間は同じご返済額となるので、ご返済のリズムが掴みやすいのも利点でしょう。

また、オリックスは、ご返済額の最低額が低めに設定されているのも嬉しいポイント。30万円以下の融資額の残高であれば7,000円のご返済金額となるため、月々の生活に対する影響も最小限にできます。

30万円以下: 7,000円
30~50万円: 10,000円
50~100万円: 20,000円
100~150万円: 30,000円
150~200万円: 35,000円
※以降50万円加算されるごとに5,000円加算

関連|代表的な借入金返済方法・方式

関連|借入したお金の返済額計算方法・シミュレーション

融資の流れ

オリックスカードローンへの申込は、ウェブサイトが基本です。まずは、お申し込みフォームへ必要事項の記入をしたあとに、指定のメールアドレスに受信確認メールが届き、その後に審査結果の通知メールが届きます。

その後、契約前に本人確認とともに、在籍確認がありますので覚えておきましょう。ここで、本人および在籍確認が完了すると契約となり、ローンカードを発行、郵送によって届きます。カードを確認したら、このタイミングで書類の提出です。

関連|借入審査に必要なもの、書類等

関連|銀行での借入審査は何を見ているの?

メリット

オリックス銀行のカードローンをご利用いただくメリットは、最低金利が低く申込可能額が高い点にあります。どのような申込に対しても、対応できますので、幅広いシチュエーションで活用できるでしょう。また、300万円までは必要書類の提出が少なくて済みますので、手続きが簡素なのも特徴です。

デメリット

銀行のカードローンとしては、金利の上限が高めに設定されている点には注意しましょう。少額ご利用の場合にはご返済額が低くできますが、その分高い金利によってご返済回数が増えてしまう可能性があります。

また、カードが郵送で送付されることやその後に本人確認書類の提出が必要など、借入までに少し時間がかかってしまうのも難点です。急ぎの場面ではご利用しにくいかもしれません。

こんなお客さまオススメ

融資開始まで多少の時間がかかりますが、金利の下限が低いことと、限度額が高いことから、おまとめローンや高額借入を検討しているお客さまにはおすすめです。高額の場合にはどこの金融機関に申し込んでも、審査に時間がかかってしまいがちですから、特段デメリットを期待することもないでしょう。

追記

銀行のお整理貸付金サービスは一般的のサラ金より低利息で、更に多額貸し出しも受け付けているのでハッピーな限りですが、査定中身が厳格で結果が出るまでの時が長いのが玉にきずです。
支出者金融であるとか銀行の利率には利率の奥行きを示す下限利息と上限利率が見られますが、カード貸し出しの利息を対比する場合は、上限利率に注意する事が肝心でしょう。
収入証明書を提示しなければならないぶん、銀行と見比べて支出者金融の方が手間が要されると感じるでしょう。
フリー貸付金に関しては、銀行のものが断固低利率だと言われますが、よく広告を見かける大型の支出者金融系でも、お手頃にお金を借りられるところが目に付くようになってきたとの事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です