借入金は弁護士に相談すればゼロに出来るケースもなくはない

最初は少しだけのつもりで借りたお金ですが、すぐに完済してそれっきりキャッシングをしないという人はほとんどいません。お金を貸すほうも、昔より手軽に簡単に借りられるように、システムを変えてきているからです。最初は罪悪感を抱いたとしても、何度も繰り返しているうちに何も感じなくなるのでしょう。

それでも、結局最後には完済しなければ終わりませんが、まっとうな方法で返済するのがどうしても無理な状況になったら弁護士に相談したりします。その時点で借金の利息は増えなくなり、ここまでになってしまった自分を反省し、二度とキャッシングをしない人が大半だと思います。

ですが、世の中にはそうではない人もいるのです。弁護士が介入した場合同じ会社からはもうキャッシング出来なくなります。おそらく業界内で情報が周り、他の会社でも出来なくなるでしょう。これが、ブラックリストにのるということです。それでもキャッシングしてまでお金が欲しい人は、闇金と呼ばれる金融会社から借りてしまいます。

ここはブラックリストにのっているような人にも貸すのです。利息も高いので、あっという間にまた返済地獄に陥ってしまいます。そこでどうしたらよいか。やはり弁護士に相談です。弁護士から本人に代わって闇金会社に連絡します。すると、借金は一切返済せずにゼロになるのです。法律で定めた利率より高い利息で貸したほうが悪いという事になるからです。

本人にそれを説明すると最初は信じられないという顔をしますが、そのあと自分を反省し生活を立て直します。中にはそれを知り、さらに闇金会社から借りられるだけ借りて弁護士に相談するという強者もいます。ただ、本人に対して闇金会社が本当に何もせず黙って許すのか、そこまでは確認していないので、

闇金から借入するのはやめたほうがいいと思いますが。できれば使わないにこしたことのないキャッシング。しかし、人生何があるかは正直わかりません。知り合いに頼む方法もあるとは思いますが、トラブル回避のためには有効な手段です。まずは、それぞれの会社のATMみたいなところをさがしましょう。

今は携帯やパソコンで、誰にも知られずに探せる時代です。うまく探すことができたら、少し考えて。本当にその方法しかないのかということを。結論がでたら、返済計画を十分考えながら入りましょう。では、手順です。当然のことですが、住所、氏名、生年月日、電話番号、会社名、そしてここが重要ですが、会社の電話番号も教えることになります。

事前に調べておけば、あわてることなく手続きが進みます。メモなどで控えておきましょう。なぜ会社の電話番号も必要なんでしょうか?それは、万が一返せなくなったとき、会社に連絡がいくためです。怖いことですが、真実です。次に、月収や年収などを聞かれます。だいたいどれくらいか、自分で想定しておくと、こちらも楽です。

聞かれる理由は、返せる見込みのない人にお金は貸せないからです。ここまでくると、今までの話が真実か、窓口の向こうで審査がはじまります。実際に、会社に在籍しているか、勤務実績があるかなど調査が入ります。ここをパスすれば、このキャッシング以外にも借りていないか、こちらも調査が入ります。すべての工程は、そんなに時間はかかりません。初めてなら、案外あっという間です。簡単に借りられる印象ですが、立派な借金です。きちんと返済計画を立ててうまく利用したいものです。

追記

今日広く展開されている無利息キャッシングは、「初めてキャッシングする方のみ」というルールのもと使用可能なケースがあらかただと言えますが、返金を終えればその後も無利息で借用が可能なところも影響しています。
総量規制の適用対象となるのは、個人的事情により財源を融資してもらうケースです。
よく知られている金融機構が推進しているカード貸付金のおおかたが、実用的な即日融資をウリにしており、申請を入れたその日に好きなようにお金を借りる事が可能なわけです。
無収入の人については、総量規制対象のビジネス者からは、如何に頑張ってもローンする事はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です