様々な借入の種類があるので注意です

世の中には様々なカードローンがあります。基本的にはフリーローンとしてやっていることが多く、つまりは、担保もない、保証人もない、ということになります。ですから、種類としてあるといえるのが個人向けのカードローンの場合、担保を必要としない無担保型がメインではありますが、不動産や有価証券などを担保にする、ということもあるのです。

あまり認知度は高くないこともあるのですが、それでも有担保型カードローンというのもあるのです。基本的に利用することの目的自体は自由ではあるのですが、それでも事業性の資金とすることは駄目、としている金融機関が多いです。それは別の事業者向けカードローンというのがあったりしますから、そちらを検討するべきであるといえるでしょう。

銀行系カードローンというのは、既存のキャッシュカードと一体化してもらうことができる場合が多く、カード欄を圧迫しないようにするためにそうしたところを選択する、というのは十分にありでしょう。ちなみに別途で専用のカードが別途発行されることもあります。

多くの銀行系のカードローンは銀行口座が必要になるのですが、別途発行してくれるのであれば必ずしも口座が必要ないこともあります。借入するタイプの商品によっては、目的が少々限定されている場合があります。それで、若干不便だと感じる事もあるのです。

そしてカードローンという商品は、限定されないタイプになります。どういう事かというと、カード商品は利用する目的は比較的自由なタイプになるからです。自分の好きなように使える訳ですが、それはこの商品の大きなメリットとも言えるでしょう。そもそも銀行が扱う商品によっては、使う目的が限定されている事があります。

住宅ローンなどは代表例と言えるでしょう。もちろんその商品で借りたお金は、住宅の購入資金だけに充当する必要があります。したがって、ちょっと生活が苦しいからと言って、住宅ローンのお金を生活費に充当する事はできません。あくまでも住宅専用なのです。それに対してカードローンという商品は、かなり自由度が高めと言えます。

基本的には何に使っても問題なく、たとえ教育資金やプライベートのお金などでも、特に問題は無いのです。お金を確保するのは良いですが、利用目的が著しく限定されると、少々使い勝手が感じられる事もあるでしょう。そういうネックが無い点は、やはりカードローンの大きなメリットと言えます。ただし例外的に、事業資金は難しい事はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です