他社借入状況とは

他社借入状況とは、お金を借りる際の審査でほかの金融機関(消費者金融や銀行)などからの借り入れがあるかどうかという意味です。他社からの借り入れがある場合は、当然、審査も通りにくくなります。

つまり新しく、どこかの金融機関からお金を借りたい場合には、今ある他社借入を返済しておいた方良いということです。

他社借入には、消費者金融や銀行からの借入はもちろんですが、その他、自動車ローンやクレジットカードのキャッシング枠なども含まれます。

詳細については審査する側や信用情報機関などしか知りえない情報ですが、クレジットカードのリボ払いも他社借入に含まれるという人もいます。

クレジットカードのショッピング枠は他社借入には含まれないという考え方が一般的です。

その他、ややこしいところで言えば、奨学金は他社借入に含まれませんが、学資ローンは含まれると言われていますので混同しないようにしましょう。

審査の際に、他社借入状況について嘘をついても平気?

他社からの借り入れがあると審査が不利になることは説明した通りですが、だからと言って、本当はあるはずの他社借入を無いと偽って審査を受けたらどうなるのでしょうか?

嘘をついたことに対する処罰に関しては存じ上げませんが、誰がどこからいくらお金を借りているのかという情報は信用情報機関というところに記録が残っており、金融機関はそこから情報を紹介することができますので、他社借入が無いと嘘をついてもバレてしまうことは確実です。

もちろん、身内や友達からお金を借りた場合にはそのような記録は残りませんが、一般的な金融機関から借りた場合は必ず記録が残りますので、よからぬことは考えないようにしましょう。

他社借入を減らす為のおまとめローン

少しでも他社からの借り入れ件数を減らす為には、おまとめローン(借金の一本化)が便利です。

例えば、3社から500万円のお金を借りている場合、おまとめローンに対応している4社目が3社分の債務500万円を立て替えてくれて、債務者は4社目だけに返済をするということです。

こうすることで借入の件数を減らすことができます。

もちろん件数を減らすだけでなく、債務残高自体も減らさないといけませんが、返済がしやすくなりますので、返済忘れの防止にもなります。

また、融資というのは一般的に借入額が大きくなればなるほど金利は下がりますから、複数の金融機関から少額を借りていると最高金利が適用されてしまいますので、まとめて1社に対してだけ大きな金額の借金をしているという状態にした方が金利や利息手数料を低く抑えることができます。

これによって無理なく返済をして債務残高を減らしていくことで、他社借入件数や残高を減らしていき、少しずつ信用を回復していくことができます。

480×32スマートフォン用追加バナー