借入とは(借入とローンの違いなど)

借入とは

借入とは、お金を借りることです。借入の読み方は「かりいれ」「しゃくにゅう」と読み、表記は「借入」「借り入れ」「借入れ」など送り仮名の違いはありますが、意味は同じです。平たく言えば「借金」です。お金を貸す側からすれば「融資」「貸付」「貸出」などという言葉で表現されます。

借入とローンの違い

借入とローンの違い

借入とローンの違いとはなにか、わからなくなってしまう人も多いですが、借入とローンは相反する概念ではありません。借入はお金を借りることですから、ローンも借入行為のうちの一つです。

ただし、ローンは何か購入する目的のあるものの為にお金を借りることを指します。例えば、自動車ローンなら自動車を購入す為の借り入れプランですし、住宅ローンなら家を買う為のプランです。

借入というのは、使い道自由で無担保なものまで含みますので、こちらの方が広い意味を持つ言葉です。

もし一般的な融資とローンの両方があるならローンを利用すべきでしょう。ローンのほうが金利が安いことが多いからです。

普通の消費者金融や銀行のカードローンを利用する方というのは、金銭的に苦しくてやむを得ずえずという方も多いですが(そういった方を否定するものではありません)、計画性がなくお金を借りてしまう人が多いことも事実です。

つまり債権者からするときちんと返済してもらえないリスクが高くなる為、金利も高くならざるを得ません。

多重債務で首が回らなくなった人からは回収できないため一般的な消費者金融などはお金を貸してくれず、違法な高金利で貸し付けを行う闇期からしか借りられなくなってしまうのと同じです。

他にも、ギリシャが財政破綻するかもしれないという時の国債金利は数十パーセントまで跳ね上がりました。それは返済されないリスクが高いからです。

計画性のない方まで利用者として含まれる一般的な借り入れの金利が高く設定されがちなのにはこういった理由があります。

それに対して、自動車ローンや住宅ローンは多くの方が利用するものであり、必ずしも計画性のない人は多くありません。

仕事で車が必要だから仕方なくローンを組んで購入し、仕事で加世田お金で返済してくれる確率が高いため、一般的な融資を受けるよりも低い金利でお金を借りることができます。住宅ローンも同様です。

教育ローンや学資ローンなども同様です。レジャーの為に無計画にお金を借りる人ではなく、将来の為に勉強したいからお金を借りる人ですから、しっかりと勉強して就職をしたら返済してくれる可能性が高いからこそ、普通の借入よりも金利水準が低いといえます。

主な借入方法、種類

銀行 もっとも一般的な方法と言えます。都市銀行、地方銀行、ネットバンク、信用金庫などの金融機関からお金を借りる方法です。消費者金融と比べると少々審査が厳しいですが、その分、金利は安い傾向にあります。既にに多くの借金を抱えている人のおまとめ、借り換えなどに対応しているところも多いです。
消費者金融 銀行よりは金利が高い傾向にありますが、シンプルな手続きで素早く借り入れができる方法です。有名処だとプロミスやモビット、アコム、アイフルなどが挙げられます。申込の際には契約書類をよく確認してから契約を結ぶようにしましょう。大手のなら比較的安心ですが、中小は危険な業者も紛れている可能性があります。
クレジットカード クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用してお金を借りる方法です。リボ払い(リボルビング払い)も広義で言えばキャッシング、借り入れ行為と言っていいかもしれません。
各種ローン ただお金を借りるのがフリーローンであるのに対して、何か購入するものが決まっていて、それらを購入するための借入です。住宅ローン、マイカーローン(自動車ローン)、教育ローン、ブライダルローンなどが代表的です。
個人融資 文字通り個人間でお金の貸し借りをすることです。身近な友人などとお金の貸し借りをするとトラブルの元ですので注意が必要です。またネットの個人融資掲示板などで借入をすると闇金業者が紛れている可能性がありますので、あまりお勧めしない借り入れ方法です。
その他 ファクタリングやクラウドファンディング、行政から起業資金を借りるなど、たくさんの借り入れ方法があります。

借入する際の注意点

資産の金額や収入によって信用度合いは異なりますが、どれだけ資産があろうとも返済期間を過ぎても、支払ができない場合は信用情報に傷がつき、ブラックリストに登録されてしまうこともあるので安心せずに注意深く利用しましょう。どうしても借金が返せない場合は債務整理などの手段も残されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です