借入とローンの違いとは

借入とローンの違いとはなにか、わからなくなってしまう人も多いですが、借入とローンは相反する概念ではありません。借入はお金を借りることですから、ローンも借入行為のうちの一つです。

ただし、ローンは何か購入する目的のあるものの為にお金を借りることを指します。例えば、自動車ローンなら自動車を購入す為の借り入れプランですし、住宅ローンなら家を買う為のプランです。

借入というのは、使い道自由で無担保なものまで含みますので、こちらの方が広い意味を持つ言葉です。

もし一般的な融資とローンの両方があるならローンを利用すべきでしょう。ローンのほうが金利が安いことが多いからです。

普通の消費者金融や銀行のカードローンを利用する方というのは、金銭的に苦しくてやむを得ずえずという方も多いですが(そういった方を否定するものではありません)、計画性がなくお金を借りてしまう人が多いことも事実です。

つまり債権者からするときちんと返済してもらえないリスクが高くなる為、金利も高くならざるを得ません。

多重債務で首が回らなくなった人からは回収できないため一般的な消費者金融などはお金を貸してくれず、違法な高金利で貸し付けを行う闇期からしか借りられなくなってしまうのと同じです。

他にも、ギリシャが財政破綻するかもしれないという時の国債金利は数十パーセントまで跳ね上がりました。それは返済されないリスクが高いからです。

計画性のない方まで利用者として含まれる一般的な借り入れの金利が高く設定されがちなのにはこういった理由があります。

それに対して、自動車ローンや住宅ローンは多くの方が利用するものであり、必ずしも計画性のない人は多くありません。

仕事で車が必要だから仕方なくローンを組んで購入し、仕事で加世田お金で返済してくれる確率が高いため、一般的な融資を受けるよりも低い金利でお金を借りることができます。住宅ローンも同様です。

教育ローンや学資ローンなども同様です。レジャーの為に無計画にお金を借りる人ではなく、将来の為に勉強したいからお金を借りる人ですから、しっかりと勉強して就職をしたら返済してくれる可能性が高いからこそ、普通の借入よりも金利水準が低いといえます。

借入とローンの違いとはなにか

借入とローンの違いとはという問いへの答えとしては、「ローンは借り入れの中に含まれる。ローンは何か購入するものが決まっていてその為にお金を借りる行為である」と考えると理解がしやすいかもしれません。

480×32スマートフォン用追加バナー