借入の意味、読み方とは

借入の読み方は「かりいれ」「しゃくにゅう」です。借り入れと表記する場合には「かりいれ」のみです。

英語にすると「Borrowing」となります。

他にも表記の種類は多く、借入・借り入れ・借入れ、3種類あり、さらに「お」つける場合には、お借入・お借り入れ・お借入れ・御借入・御借り入れ・御借入れの6種類あります。

実際の用法としては「御」を使うことはほとんどないでしょう。インターネット上では一般的なユーザーは「お」を付けない借入などが多く、銀行などの金融機関はお客様相手の商売ですので、お借り入れなどと表記することが多いようです。

借入の意味は、お金を借りることと思っている方が多いですが、実はお金以外にも物品等も含みます。とはいえあくまでも辞書的な意味であり、一般的な用法としてはお金を借りることとして使われる言葉です。

借入の類似語

何かを借りることを指す言葉ですから、借り・拝借・レンタルなども大きな意味では類義語、同義語と言えるでしょう。

借入の対義語

借入の対義語は貸付、融資などが該当します。以外と勘違いしてしまいがちですが、返済ではありません。

お金を借りることの反対だから返すことだと考えてしまう気持ちはよくわかりますが、借入の反対は貸付です。

つまり、お金を借りる側と貸す側で遂になっているということです。

追記

「今日中にローンがやりたい」というなら、いずれの支出者金融に申込申請するのかはかなり必須見所です。
今日までに支出者金融のエントリー査定で不合格になった事がある人であろうとも、総量規制の適用対象外のキャッシングをエントリーさえすれば、借金可能な見込みが適度にあると言い切れます。
フリー貸付金に関しては、銀行のものが断固低利率だと言われますが、よく広告を見かける大型の支出者金融系でも、お手頃にお金を借りられるところが目に付くようになってきたとの事です。
支出者金融であるとか銀行の利率には利率の奥行きを示す下限利息と上限利率が見られますが、カード貸し出しの利息を対比する場合は、上限利率に注意する事が肝心でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です