【即日借入可】アイフル|カードローン詳細まとめ

アイフルは数年前に愛らしい犬を起用したCMで話題を集めた消費者金融です。実は、東証一部上場の企業で、クレジットカードのライフや事業者金融も手掛ける金融業者の大手として実績を持ち歴史も長い業者として知られています。そんなアイフルの基本情報について紹介します。

金利・利率

アイフルの実質年率は、4.5~18.0%です。他の業者と足並みをそろえる形となっており、大きな特徴にはなっていません。

関連|借入の金利・利息手数料が安いランキング

関連|無利息・無利子期間がある借入先まとめ

限度額

同社の設定する限度額は500万円以内です。

こちらも、他の消費者金融と比べて特別高い限度額ではありませんが、消費者金融のため総量規制にも影響を受けることを覚えておきましょう。また、アイフルで50万円を超えるケースや、他社との合計借入金額が100万円を超えるようなお客さまは、慎重審査が行われ源泉徴収票をはじめとした収入を証明する書類の提出が求められる旨がウェブサイトに明記されています。

ご返済方式・ご返済方法

アイフルのご返済方式は「借入後残高スライド元利定額リボルビング方式」です。

これは、アコムと同様に、毎月のご返済額を算出する際に現在の借入総額から一定の割合をかけた金額が設定される仕組みのものです。ご返済が進めばだんだんとご返済の最低額が引きさがっていきますが、最低額のみを支払い続けると利息が増え、ご返済回数も増加してしまう点には注意しましょう。

また、ご返済回数についても規定があり、「借入直後より最長14年6か月」となっています。借入条件や額によっても変動しますので契約時にきちんと確認をすることが大切です。

関連|代表的な借入金返済方法・方式

関連|借入したお金の返済額計算方法・シミュレーション

融資の流れ

借入申し込みは、インターネット、電話と窓口での直接の申込の3通りから選べます。いずれの申込でも融資までの流れは同一で、申込後審査が行われ、通過すると契約手続き、借入となります。

申込後は、最短で30分で審査完了することがアイフルの強みの一つです。この場合には、ウェブからの申込をした上で、フリーダイアルをご利用して電話申し込みに切り替えての申込が必要となります。少し特殊な流れとなりますので、事前にウェブサイトで流れを確認しておくと良いでしょう。

審査では、いずれの申込方法を選んでも本人確認書類が求められます。本人確認書類には、運転免許証や各種保険証の他に、住民基本台帳カードやパスポート、個人番号カード(マイナンバーの記載がある面は不要)とされていますので、免許を持っていない方でも心配ありません。

関連|借入審査に必要なもの、書類等

メリット

アイフルをご利用いただくメリットは、審査も早くスムーズに取引ができる点を挙げられます。歴史も長く、有名な金融業者グループということもあり対応も丁寧です。さらに、急いでいる場合には、上記の方法で手軽でスピーディに申し込めるのも魅力。電話をご利用しての申込となるのでミスもなく、確実にもうしめるのもポイントです。

また、自宅に郵便物を届かないように手配できるのもアイフルをご利用いただくメリットでしょう。「配達時間えらべーる」を申し込めば時間を指定して本人限定配達が可能なのでカードを受け取る際に、周りに分からないようにできます。

さらに、無人契約機をご利用すればその場でカードの受け取りが可能。こちらは、申込をウェブや電話でしても後から受け取れますので、事前にカードの受け取り方法を指定しておきましょう。

デメリット

アイフルは即日融資を謳っている消費者金融ですが、他の業者と違いどれくらいの時間で振り込みが行われるかは明記されていません。口コミや評判サイトを参照すると体験談として1~3時間程度といったものも見受けられますが、実際のところがわからないのは少し不安かもしれません。

また、消費者金融は近年、銀行と提携するような業者も増えていますが、アイフルは独立体制での経営が行われています。そのため、いくら東証一部といっても信頼の面で心配になってしまう方もいるでしょう。

こんなお客さまオススメ

アイフルは実績も長い消費者金融ですので、安定した取引が可能なのが最大の魅力です。各種サービスや家族バレに配慮した手続きも可能なうえ、短い審査時間となっておりますのでさまざまな場面で活用可能でしょう。独立系ということもあり、審査も独自基準の部分も多いですので他で審査が難しかった場合にはアイフルをご利用してみるのもおすすめです。