銀行での借入審査は何を見ているの?

銀行のカードローンやキャッシング等の借入をご利用いただく場合、比較的厳しい審査が待っていると思っておいた方が良いでしょう。とはいえ、全てのカードローン借入がハイスペックな人しか使えないということではありません。自分の身の丈に合った金額などを選ぶことで銀行カードローンのメリットを享受することができるかも知れません。

関連|人気の銀行借入とは

銀行での審査は「属性」から

銀行カードローン申し込み時に行われる審査の第一歩は、属性の内容の確認です。「属性」とは、申込者のご返済能力や社会的な立場などを指しています。きちんと働いていて、ご返済できる力があるかを知るため、個人の勤務先、勤務形態、そして更には勤続年数までを見られます。また、ご返済能力としては他社からの借入がある場合なども厳しくチェックされることになるでしょう。特に延滞履歴については重視されがちです。

銀行のカードローンやキャッシングの成否は、融資した過去のデータと比較して、ご返済の確実性を独自に審査して判断されます。「公務員は一般の会社員よりもご返済が安定している」「大手は中小企業よりもご返済能力が高い」など一般的に囁かれている審査基準はありますが、銀行で実際に行われている審査の基準を知ることは関係者以外にはできません。

そのため、きちんと勤め、ご返済があればきちんと支払うという基本を押さえておくことで自分の属性をできるだけ良く判断してもらえるようにするしかありません。

信用情報は文字通り「信用」の証

金融機関側も融資を行う際には大きなリスクを背負っているものです。銀行はお金を貸して、利息と元金をご返済してもらうことで成り立っています。そのため、融資をしてご返済が停滞することが最も恐るべき事態となります。個人の信用を測る基準はその人の属性や過去の借入とご返済の状況しかありません。

これらの信用情報は、文字通りその人を信用できるかどうかを判断する重要な情報です。そのため、これに虚偽の事実を記入したり記入漏れがあったりすると大きな不信を与えます。うっかりミスでの書き間違えなども銀行側からは悪い印象をもたれる恐れがあります。

銀行では、その人の信用は過去の信用情報からしか測ることができないのですから、真摯に慎重に申告をすることが大切です。もちろん他社借入を隠してもすぐにバレますし、借入自体が全てダメということでもありません。嘘の申告をするとバレた時に大変なことになるため、絶対に避けましょう。

銀行と消費者金融の情報共有は

よく聞く噂として、「消費者金融で借入ができない人も銀行なら大丈夫」という話があります。これは、銀行と消費者金融の持つネットワークが違うことから言われていることです。確かに銀行と消費者金融では情報の共有機関が違っていることがあります。そのため、お互いの借入状況は知られないということは誤りではありません。

ただし、この噂には、一点だけ注意すべき点があります。普通に借入をして正しくご返済をしている場合には問題ありませんが、消費者金融でご返済の延滞などがあるとその情報は銀行へも伝わってしまうのです。そのため、消費者金融がダメだから銀行へ申し込みをしても、銀行でも断られるケースが出ています。

総量規制と銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融のお借り入れと大きく違う点があります。それは総量規制の対象にならないという点です。総量規制は年収の3分の1までしか借りられないという消費者金融のルールであり、銀行ではこれを超えて借入いただける可能性があります。

むろんこれは原則であって、その人の信用情報の審査によって認められなければ借入はできません。そして、銀行の審査は消費者金融よりも厳しいとされており、カードローンなどの不担保ローンで大きな限度額を認められることは難しいこととなります。

銀行での借入の審査は、個人の信用情報に基づいて行われています。どのような審査が行われているかを知ることはできませんが、ご返済能力を知るために行う審査なので年収や他社借入の状況などはシビアに見られていると考えて間違いないでしょう。銀行の審査は厳しいものですが、下手に嘘を吐いたりすることなく慎重に申告をして結果を待ちましょう。

銀行での審査は「属性」から
・属性の内容
・過去のデータからご返済の確実性を審査

信用情報は文字通り「信用」の証
・借入が焦げ付かないかは金融機関側の最大のリスク
・過去の信用情報から審査が行われる

銀行と消費者金融の情報共有は
・借入状況は知られない
・消費者金融での事故情報は伝わっている

総量規制と銀行カードローン
・総量規制は関係ない
・ただし審査は厳しめ

関連|三井住友銀行|カードローン詳細まとめ

関連|三菱UFJ銀行(バンクイック)|カードローン詳細まとめ

追記

なので、多くの元金を調達したいというケースは、銀行に申し込んだ方が間違いないでしょう。
そうした方のポイントになるように、「査定で拒絶されやすい人の特色」というものを出荷します。
いずれの金融組織でローンすべきか全然見当がつかないといった人のポイントになるようにと、各項目で支出者金融を順位一覧にしてみました。
フリー貸付金に関しては、銀行のものが断固低利率だと言われますが、よく広告を見かける大型の支出者金融系でも、お手頃にお金を借りられるところが目に付くようになってきたとの事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です