【絶対ナイショで!】借入審査時に勤め先への電話確認なしのカードローン

消費者金融のカードローンを申し込むと多くの場合に必要となるのは、電話での在籍確認です。これを行うことで、申込者の勤務状況や収入の安定性などを確認することができ、融資が出来るかどうかの判断となります。しかし、電話確認が会社に入るのは避けたいと感じる人も多いものです。

借入審査で電話確認して欲しくない!

消費者金融などで借入の申し込みをすると、審査には基本的に在籍確認があります。これは消費者金融としては、借入の成否の判断や借入限度額を設定する際に非常に重視しているもので、審査の大詰めに行われることが多くなります。電話による在籍確認を好まない人が多いので、電話確認をしたにも関わらず審査が通らないという状況をできるだけ避けるためです。

最終段階で行われる大切な確認作業ですが、これをされると会社にバレるかもしれないと考える人が多いのでしょう。確かに、急にかかってくる会社名を名乗らない電話が在籍確認であることは有名となっていますし、感づかれるリスクがないとは言えません。

借入審査で電話確認を避ける方法

借入審査で電話確認をどうしても行いたくない場合は、在籍確認で融通を利かせてくれる消費者金融を探すことが必要です。借入審査において重要な要件ですが、これを電話確認以外の方法で行うサービスも始まっています。会社に電話がかかってこなければ、借入を他お客さま知られる可能性はぐっと低くなるため、バレたくないお客さまは安心のシステムと言えそうです。

借入審査で電話確認を行わない場合には、書類の提出がその代わりになります。書類だけで確認するため、いくつかの書類の準備が必要となり、多少の手間が増えることになるでしょう。

電話確認が避けられない場合も

在籍確認は消費者金融側が融資の際のリスクを減らすという重要性があります。そのため、電話確認なしで行えるという消費者金融であっても、絶対に電話しないとは言い切れません。どこの消費者金融も基本原則として在籍確認は行うものであり、電話確認の免除はご利用者の利便性を配慮したサービスとなります。

そのため、消費者金融側が在籍確認を必要とした場合に拒否すると、借入ができなくなることもあります。特に、申告した情報に問題があるとかかってくる可能性が高くなりますので、申し込みに当たって申告する内容は正確に丁寧に記載することが必要です。これは電話確認を避けるとともに、審査の通りやすさのためにも大切なこととなります。

電話確認して欲しくない時は正直に

消費者金融では電話確認を避けたいという申込者側の事情はよく理解しています。そのための電話確認なしの配慮ですので、「バレたくない」等の理由は正直に話してしまいましょう。

会社での立場や規則などで在籍確認が難しい場合には、そのまま相談することで最も良い方法で対応することができます。変に嘘をついたり誤魔化したりすると心象が悪くなり、借入の審査が厳しくなってしまうこともあります。もちろん、勤務先を偽ったり、記入しなかったりしたら審査には通りません。

消費者金融の審査における在籍確認はとても大切なことですが、申込者としては電話確認をされたくない場合もあります。そういった場合には、在籍確認を電話以外の方法で行える申込方法を選んだり、申し込みの段階で相談してみるとよいでしょう。ご利用者の事情に配慮した対応策を立てて、会社にバレることなく審査が行えるかもしれません。

借入審査で電話確認して欲しくない!
・借入審査には基本的に在籍確認がある
・在籍確認で会社に電話があるとバレる恐れがある

借入審査で電話確認を避ける方法
・在籍確認で融通を利かせてくれる消費者金融を探す
・書類の提出だけで確認できる場合もある

電話確認が避けられない場合も
・電話確認なしに絶対はない
・申告した情報に問題があるとかかってくる可能性がある

電話確認して欲しくない時は正直に
・「バレたくない」等の理由は正直に話した方が良い
・理由で嘘をつくと心象が悪い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です