借入したことはばれる?ばれない方法をご紹介

キャッシングやカードローンでの借入はなんとなく他お客さまは隠しておきたいものです。消費者金融もクリーンなイメージが定着しつつありますが、やはり借金に対する社会的な目は厳しく感じられることがあります。そのため、誰にもばれずに借入出来る方法を知っておくと安心です。

借入したことはばれる恐れがある

消費者金融などの借入は、申し込みをして審査を行う時点で会社などの勤め先にばれる可能性があります。審査には勤務先に電話確認を行う在籍確認というものがあり、会社に電話をかけられることでばれやすくなります。

在籍確認は、基本的にはプライバシーの見地から、消費者金融の会社名を名乗らず個人名を使って行われます。しかし、会社宛に個人名で電話が来ることが少ない場合にはそれが却ってばれるキッカケになることがあります。

消費者金融などの借入のご利用は、家族にもあまり知られたくない問題です。家族にばれるリスクとしては、郵便物の送付がキッカケとなります。カードの郵送やご利用明細などの郵便物が家族の目に触れるとばれる確率が高くなるでしょう。

在籍確認でばれにくい方法

電話による在籍確認で会社にばれるのを防ぎたい場合には、電話確認をしない業者を選ぶことが便利です。消費者金融の中には、インターネットからの申し込みと書類の提出だけで審査を行える業者もあります。電話連絡の代わりに、勤務先情報の確認を証明書や社会保険証などで行います。また、収入の証明は源泉徴収票の提出などで可能です。

電話連絡を避けられない場合には、在籍確認は自分のいない時間を選ぶと安心です。これは電話口で本人確認をされないための手段です。社内の人の目があるところで、本人確認を求められると審査の連絡であることが想像されてしまいます。そのため、席を外している時間帯にかけてもらえるように相談すると良いでしょう。

関連|【即日借入可】プロミス|カードローン詳細まとめ

郵送物でばれにくい方法

消費者金融名義の郵便物を避けるためには、郵送という手段を取らないで済ませることが必要です。郵送されるのは、主にカードとご利用明細などがあります。申し込みから契約の段階では、カード発行のない振込キャッシングを選ぶと安心です。また、カードを持たなければ、財布の中身を見られた時にもばれません。

現在の消費者金融ではインターネットを生かしたサービスが多く、ご利用明細などの確認もネットの会員サイトなどで行えるようになっています。インターネットで明細をもらえる業者であれば、定期的な郵便物の心配もなくなるでしょう。また、借入をご利用したらご返済の遅延などなく、スムーズな使い方をしておくことで、消費者金融からの連絡をなくすことができそうです。

あえて自分から周囲に告知しておこう

会社や家族にばれるのを防ぐためには、あえて自分から先に告知しておくという大胆な方法もあります。もちろん消費者金融のことは言わず、別の理由を作って伝えます。堂々と言っておけば意外と周囲も納得してしまうものです。

在籍確認の電話は知人からの連絡や勧誘の電話、若い人ならば知り合ったばかりの異性からの連絡という理由も使えます。勧誘の電話というのであれば、最近多くかかってくるから困るというような話をしておきます。前もってかかってくる旨を伝えておけば、在籍確認がかかってきた時に疑いを持たれるリスクが減ります。

また、インターネットを使った借入や明細確認ができない場合には、消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶと安心です。カードや明細も銀行名で郵送されるため通常の銀行取引と同じように見えます。

カードローンやキャッシングのご利用は、多くの人が使っているサービスなので、恥ずかしがったりする必要はありません。しかし、それぞれの事情からご利用をばれたくないという場合には、消費者金融の便利なサービスを駆使したり上手いごまかしで乗り切りましょう。

借入したことはばれる恐れがある
・在籍確認で会社にばれる
・郵送物で家族にばれる

在籍確認でばれにくい方法
・在籍確認しない業者を選ぶ
・在籍確認は自分のいない時間を選ぶ(電話口で本人確認をされないために)

郵送物でばれにくい方法
・カード発行なしを選ぶ
・インターネットで明細をもらう

あえて自分から周囲に告知しておこう
・在籍確認の電話は知人からの連絡としておく
・銀行カードローンを選ぶと銀行名で郵送されるため通常の銀行取引と言っておく

追記

「即日融資OK」と書かれていたとしても、それを実現する為に満たさなければいけない前提は、キャッシング企業によってばらつきがあります。
無収入の人については、総量規制対象のビジネス者からは、如何に頑張ってもローンする事はできません。
カード貸付金の借り換えをするなら、何と言っても低利率なエキスパートをセレクトするのが大切な極意です。
手間ひまかけて借り換えても、かつてのカードクレジットの利子と寸分違わないのでは借り換えの趣旨がないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です