CATEGORY 借入金利・利息手数料


カードローン業者というのはまず銀行系であるのかそうでないのか、ということから分けることが出来ます。これは一体どんな意味があるのか、といいますと総量規制が引っかかるのか否か、ということになります。カード発行前に審査を行うことになりますが、銀行系であれば総量規制という規制がありませんから、極端な話し、年収の三分の一を超える金額を貸すことができない、という部分がないわけです。実際問題として借入で銀行系であるからといって年収の三分の一以上を貸してもらうことができるのか、といえばそうではないのですが、問題は就労の状態の確認にあります。収入に対する貸付規制がある、ということは働いているのかどうかの確認が銀行系以外とは必須となるわけです。そうなりますとやや面倒にはなります。このような問題があるわけです。ちなみに借入れることができる場所なのですが、金融業者、機関の店頭の機械はもちろんのこと、提携しているATMなどでも可能になるでしょう。そしてなにより最近ではネットから、ということもできるところが増えています。ですから、カードローンはかなり利便性が高くなっているといえるサービスとなりつつあります。それこそカードローンでカードレスのところもあるのです。お金が必要になったときに考えること、いくつかの方法があるのですがそのひとつとして借りることがあります。いくつか借り入れのサービスはありますがまずはカードローンで、と考える人が多いでしょう。借入の方法として最も身近にあるといっても過言ではないのがカードローンになるのですが、いくら借りることができるのか、ということがまず不安なところとしてあるでしょう。まず、銀行系でないのであれば総量規制が引っかかることになります。これは年収の三分の一を超える金額を貸し付けることができない規制になります。年収が300万円であれば100万円以下ということになります。しかし、これは確実にそこまで貸してくれるわけではないです。最初は低額から実績を積んでいき、ということになるでしょう。人によって本当に限度額は違うのですが20万円、30万円ということが多いです。判断基準となるのは年収であり、他所からの借入やその履歴になります。借りたことがあるというのはそんなに気にされないですが遅滞したことがあるとかそのような状態、履歴がありますと厳しいことになるでしょう。返してくれる可能性が高いとされることが条件になっているからです。