借入の金利・利息手数料が安いランキング

銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングでは、借入の申し込みの際に金利の設定が行われます。金利はご返済総額に大きく影響を与えるため、ご利用いただく際には少しでも低い金利に決めて欲しいと思うものです。金利の設定が低いと言われている銀行のカードローンの中でもさらに低い金利の設定が行われているものを探してみましょう。

最低金利で選ぶ銀行キャッシング

消費者金融と比較して、銀行のカードローンやキャッシングは金利が低めに設定されています。その分審査が厳しく、借入までが難関となる可能性もありますが、金利の低いところで借入をして利息の支払いを抑えたい時にはチャレンジしてみる価値はあります。中でも設定された最低金利が低いのは以下の3社となっています。

最低金利の低さ第1位のジャパンネット銀行は、年率2.5~18.0パーセントと最低金利が抑えられています。ジャパンネット銀行のこの金利が適用となるのは、ネットキャッシングによる借入です。限度額は最高水準の1,000万円と大きく、まとまった金額が必要な場合にとても魅力的です。

関連|ジャパンネット銀行|カードローン詳細まとめ

2位のオリックス銀行では、年率3.0~17.8パーセントとなっています。オリックス銀行のカードローンは、ご利用いただけるATMも豊富で、お借り入れ単位も1,000円単位と少額となっており、必要な時に必要な分だけご利用いただける便利さがあります。

関連|オリックス銀行|カードローン詳細まとめ

3位のみずほ銀行ではカードローンに2プランあり、コンフォートプランでは年利3.5~14パーセント、エグゼクティブプランでは3.0~14パーセントとなっています。どちらのプランも1,000万円の最高水準の限度額を持ち審査もスピーディーです。

関連|みずほ銀行|カードローン詳細まとめ

上限金利で選ぶ銀行キャッシング

銀行のキャッシングの魅力といえば、上限金利の低さです。通常の消費者金融の金利が17.8パーセント前後となっているのに比べて、銀行では14パーセント台のものもあります。上限金利で選ぶのであれば、三井住友銀行、三菱UFJ銀行などがお得です。

三井住友銀行の年利は4.0~14.5パーセントとなっており、インターネットやローン契約機のご利用でスピーディーな契約も魅力です。また、三菱UFJ銀行でも年利4.6~14.6パーセントと三井住友銀行と僅差で上限金利を抑えています。三菱UFJ銀行では借入に銀行の口座が不要で誰でもご利用可能です。

カードローンやキャッシングでは主に上限金利で選び、最低金利は重視しなくても問題ありません。特に小口のキャッシングとしてご利用いただく場合には、最低金利は適用されないことが多くなります。

関連|三井住友銀行|カードローン詳細まとめ

どちらの金利を重視すると得か

金融機関のカードローンやキャッシングでは、金利に幅があります。上限金利から下限金利までのどの水準で設定されるかは審査によって決められるため、私たち消費者に決定権はありません。そして、最初の借入の際の審査では金利は高く設定されていることがほとんどであり、主に上限金利でのご利用となるでしょう。

カードローンなどの借入では、限度額が大きいほど金利は低くなります。下限金利をご利用いただける場合というのは、最大借入金額に近い限度額のご利用いただける場合であって、通常のキャッシングのほとんどは、それよりも高い金利が採用されます。そのため、最初に少額の借入を希望して申し込みをする場合には、上限金利のお客さまに注目しておくことが大切です。

下限金利が低いものを選ぶ必要があるのは、大口の借入を考えている人です。ただし、審査内容にもよりますが、最初の借入では大きな限度額のご利用は難しくなっています。大口の借入をしたい場合には時間をかけてその銀行との信頼関係を作っていくことが必要です。借入や預金などの取引を積極的に行って信用度をアップさせておくなどの積み重ねがものを言います。

金利の差が生むご返済額の違い

金利の差はご返済利息に大きな影響を与えます。少額の借入では小さな差のように見えますが、繰り返しキャッシングを行ったり、限度額の増額に合わせて借入総額が上がってきたりするとその差は大きくなり、ご返済が苦しくなる可能性もあります。借入10万円に対して元利定額で1万円ずつ返した場合の例で利息の差を見てみましょう。

利率18パーセントの場合には、11回払いで利息総額は9,018円、利率15パーセントの場合には、11回払いで利息は7,383円となります。また、借入が20万円では18パーセントで利息は38,870 円、15パーセントで31,049円となります。差額は10万円で1600円程度ですが、20万円の場合には7800円にまで上ります。

利息はご返済期間が長くなることでもかさみます。そのため、最低ご返済額でご返済を続けるのも利息が大きくなるリスクとなります。利息を軽くするためには繰り上げご返済を行ったり残高が減ってきたりしたら早めに一括ご返済をするなどしてご返済期間を長引かせないことも大切です。

カードローンやキャッシングなどの借入の際には、その際に決まる金利でご返済の大変さが変わります。そのため、それぞれの金融機関で定められている金利の範囲を比較することを忘れてはいけません。金利を抑えたいのであれば、比較的低い金利の銀行のキャッシングの中からさらに上限金利が低いところを探すと良いでしょう。

最低金利で選ぶ銀行キャッシング
・銀行キャッシングは金利が低い
・1位のジャパンネット銀行、2位のオリックス銀行、3位のみずほ銀行の魅力

上限金利で選ぶ銀行キャッシング
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行がお得
・最低金利は重視しない

どちらの金利を重視すると得か
・最初の借入の金利は高い
・限度額が大きいほど、金利は低い

金利の差が生むご返済額の違い
・借入10万円に対して1万円ずつ返した場合の例
・最低ご返済額でご返済すると金利がかさむ

追記

今日までに支出者金融のエントリー査定で不合格になった事がある人であろうとも、総量規制の適用対象外のキャッシングをエントリーさえすれば、借金可能な見込みが適度にあると言い切れます。
「今日中にローンがやりたい」というなら、いずれの支出者金融に申込申請するのかはかなり必須見所です。
始終即日融資サービスで借金可能な仕組みにはなっていません。
お金を借りるという時に、「自身がカードクレジットの査定に受かるか如何にか」気に掛かりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です