借入利率の相場はどれくらい

金融機関でのカードローンやキャッシングなどの借入には金利がかかりますが、その利率は金融機関の種類によっておおよその相場があります。借入利率の相場はその金融機関の審査の条件などによって違うので、実際に融資を受ける際には金利や審査など総合的に有利なところを選ぶと安心です。

借入利率には業者ごとに違いがある

法律で定められている利率の制限は、現在改正貸金業法によって定められています。過去の消費者金融によるグレーゾーン金利が改正されて、カードローンやキャッシングがご利用しやすくなりました。

貸金業法の改正前の金利では、出資法の上限金利29.2パーセントという高利も有効となってしまうことがありましたが、現在ではそれが20パーセントまで抑えられて、グレーゾーンが撤廃されました。それによって消費者金融の金利は下がり、現在では上限金利は利息制限法の水準である15パーセントから20パーセントとなっています。

これは貸付金額に応じて、~10万円で20パーセント、10~100万円で18パーセント、100万円~で15パーセントの上限が決められています。段階ごとの上限金利を超えると業者は行政処分の対象となり、20パーセントの金利を超えると刑事罰の対象となります。

消費者金融のカードローン利率の相場

消費者金融の上限利率の相場は貸金業法の改正に基づいて引き下げられ、大変使いやすくなってきました。また、各消費者金融が金利の引き下げを競う傾向もあり、様々な実質的な金利のサービスなども出てきています。

現在の消費者金融で発表されている上限金利の相場としては、17.8パーセントから18パーセント程度となっています。法律に基づいて考えれば20パーセントまで上げることはできますが、基本的に10万円以下の借入は少ないため、多くの場合18パーセントを超えないと考えられます。(ただし中小の消費者金融では20パーセントの表示もあります。)

反対に下限利率の相場は4.5パーセントから4.7パーセントが多くなっています。下限利率がご利用されるのは、限度額が最高レベルの金額の場合であり、通常ではなかなかこの利率でご利用いただくのは難しいのが現状です。

関連|即日借入可の消費者金融

銀行キャッシングの借入利率の相場

銀行のカードローンやキャッシングでは利率が消費者金融の相場よりも低い傾向にあります。特に上限利率は13.8パーセントから14.6パーセント程度で貸付が行われており、比較的ご返済が楽であると言えそうです。ただし、銀行の中にも消費者金融と変わらない位の金利のものもあるため、金利で銀行を選ぶ場合には注意をした方が良いでしょう。

銀行の下限利率の相場は消費者金融とあまり変わりません。多くの銀行が4パーセント前後で設定しており、下限金利が使える条件も消費者金融同様に最高限度額まで使える場合に採用される利率です。

関連|人気の銀行借入とは

金利は低いが審査が厳しい銀行

銀行と消費者金融を比較すると金利が有利なのは銀行です。しかし、銀行で低い金利がご利用いただけるのは、厳しい審査が行われるためであり、誰でも借入いただけるとは限りません。また、銀行では手続きに時間や手間がかかることで、消費者金融のようなスピードを求められないこともあります。

消費者金融に厳しく定められている年収の3分の1までという借入金額の規制も銀行にはありませんが、銀行独自の審査で厳しく見定められます。そのため、審査に不安がある場合には、消費者金融の方が便利に使えることがあるのです。

また、消費者金融には、独自の無利息サービスなどで全体的な金利が抑えられるというメリットがあります。設定された金利が高くても、こうしたサービスを積極的にご利用いただくことで支払う利息総額が安くなったというケースもあるので忘れずにチェックしたいものです。

カードローンやキャッシングでは、借入利率の範囲が決められています。法律の範囲内でそれぞれの金融機関ごとに決めているので、借入の申し込みの際にはこの利率をしっかりと見ておきましょう。相場としては銀行の方が低い傾向がありますが、条件によっては消費者金融の方が便利なこともあるため総合的に考えることが大切です。

借入利率には業者ごとに違いがある
・法律で定められている利率の制限
・利率は限度額に左右される

消費者金融のカードローン利率の相場
・上限利率の相場
・下限利率の相場

銀行キャッシングの借入利率の相場
・上限利率の相場
・下限利率の相場

金利は低いが審査が厳しい銀行
・金利で選ぶなら銀行で
・消費者金融の無利息サービスなどもチェック

追記

総量規制の適用対象となるのは、個人的事情により財源を融資してもらうケースです。
カード貸付金の借り換えをするなら、何と言っても低利率なエキスパートをセレクトするのが大切な極意です。
カード貸付金の借り換えをするなら、何と言っても低利率なエキスパートをセレクトするのが大切な極意です。
銀行のお整理貸付金サービスは一般的のサラ金より低利息で、更に多額貸し出しも受け付けているのでハッピーな限りですが、査定中身が厳格で結果が出るまでの時が長いのが玉にきずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です