複数社の借入をまとめて一本化返済するメリット

消費者金融やカードローンの広告に、「借入をまとめよう!」「借入の一本化をしよう」と記載されているのを見たことがあるお客さまは多いはず。しかし、どうして一本化する必要があるのかを知っているというお客さまは少ないかもしれません。一本化は借入額や借入先が多いお客さまにとっては重要な選択肢の一つです。

関連|オリックス銀行|カードローン詳細まとめ

多重債務で苦しむ前に覚えておきたい一本化

借金の額が大きくなるとともに、一つの消費者金融や銀行では融資が限度額に達したり、追加の審査に通らなかったりしてしまう状態になるケースがあります。こうしたお客さまは、他の金融業者へ足を運びお金を借りられるかどうかを審査してもらうのが基本。いわゆる「多重債務者」はこうして複数の業者から借入をし、ご返済している状態のことを指します。

また、多重債務者のなかには、一方の業者へのご返済に資金を用意できず他方の業者からお金をお借り入れているようなことも珍しくありません。しかし、この状態が続くとだんだんと借入先が増加してしまい自転車操業に拍車がかかってしまいます。

「おまとめローン」と呼ばれることもある、借入先の一本化はこうした状態のお客様やなりそうな方を対象にすべての借入金を一つの金融業者にまとめてしまおうという金融サービスです。ご利用すれば、下記のようなメリットが得られるため、現在多重債務に頭を悩ませているのであればぜひ、検討してみてください。

毎月のご返済額を低くできる

借入先の一本化を行えば毎月のご返済額を低くすることが可能です。もともと、多重債務を抱えている方の場合は、毎月複数の業者にそれぞれ定められた金額をご返済していかなければなりません。そのため、借入先となっている金融業者の数が多ければ多いほど、ひと月あたりのご返済金額は増加。このままでは、借金がご返済できずに滞納・ブラック入りしてしまうのも時間の問題です。

これらの業者の借入金をまとめてご返済して一本化すれば、こうしたご返済額がだんだんと増えてしまうような状態を防げます。さらに、業者としてもご返済滞納は好ましくないため、契約時には現在の月あたりのご返済総額よりも低いご返済額で条件を提示されることがほとんどです。

計画的なご返済がしやすい

一本化による最大のメリットは、毎月のご返済計画が立てやすくなること。一社からのお借り入れのみなので「今月、あといくらのご返済額が必要か」という管理がしやすくなるのがその理由です。各業者それぞれの契約を見比べながら自分自身で、ご返済をどうしていくかを考えるのに比べて、計画的にご返済で利息の履き違えや、ご返済日の見落としといったトラブルを防げます。

完済までの期間や総額を抑えられる可能性がある

借入先を一つに絞り込むことは、条件によって完済までにかかる期間を縮めたり、総額を低くしたりできる可能性があります。これは、支払い金額の総額が金利の変化によって低くなることで、月々のご返済金額を変更しなければ短くできるというもの。おまとめローンのほとんどでは、現状の金利よりも低くなるか、一番低い借入先と同じとなるので、総額を抑えることにもつながるのです。

借入をまとめる際の注意点

こうしてメリットをみると良いことづくしにも思えてくるおまとめローンですが、注意しなければならないこともあります。それは、「完済までの時間が長くなり、支払い総額も高くなる」ということです。上記の内容と矛盾してしまっていますが、実は一本化では借入時の条件によってどちらにでも転んでしまう可能性があります。

借入先を一つにする方のほとんどは、「月々の負担を少しでも減らしたい」と考えているはずです。ところが、月々の支配総額よりも低く設定しすぎると今度はご返済期間が延びてしまいます。そうなれば、いくら金利が低くなったとしても支払い総額も長くなった期間の分だけ増えてしまうのです。

借入先の一本化は、ご返済の管理もしやすく月々の負担も減らせる便利な方法です。しかし、契約の条件を間違えるとご返済期間が延びたり、ご返済総額が増えたりするリスクがあります。申し込み時にはこの点も踏まえて、長い目で考えることが重要。後々になってから後悔しないように、ご返済総額を踏まえた契約を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です