借入の返済が延滞した時の金利やペナルティは?

もし、金銭的なトラブルや経済的な事情により借金をしてしまったら、できる限り早く完済したいと考えるもの。しかし、借金ご返済中に万が一返せなくなってしまったら……。実は、借入のご返済が延滞した際にはさまざまなトラブルが待ち受けています。

借入のご返済は計画的に確実に行おう

金融機関で借入の申し込みをする際には、審査が行われることはご存じでしょう。この審査とは、借主の収入や現在の借入状況から、「どれくらいの金額を」「いつまでに」ご返済できるかを金融機関それぞれが持つ裁量によって定められることです。

したがって、原則的に特別な事情がない限りは契約内容によってご返済が滞ってしまうことは極力ないように計画が立てられます。これは金融機関にとっても借入金の延滞は不利益となってしまうことも理由です。

万が一、お金を貸した相手が返してくれなくなってしまったら、利益どころか損をしてしまうのは個人間融資でも同じ。業者の場合には、営業上の問題となってしまいますからお客様といえども、返してくれるよう催促をしてくるようになります。それでは、一体どのような方法でご返済を求めるのでしょうか。

信用情報登録機関への記載もブラックに

借入ご返済の延滞は業者が事実を把握するだけでなく、金融機関が共通して参照している信用情報登録機関への報告も行われます。ここは、借入をした方の現在の借入状況やご返済の具合が情報として記載されているデータバンクです。

延滞をした場合にはその事実とどれくらいの期間延滞が行われているかをこのデータバンクによって明らかにされてしまいます。そのため、この情報が増えると他の金融機関へ借入の申請をしても審査が通りづらくなってきてしまうため注意が必要です。

審査が通らずお金を借りられない方を「ブラック」と呼ぶことがありますが、これはこの情報機関へ延滞の記録が積み重なってしまった方を指すものです。

利息以外に延滞金の発生

借入金のご返済が滞ると直接的に発生するペナルティとしては延滞金の発生が挙げられます。延滞金は、通常の支配日から起算して加算される仕組みで、利息や元金とは別に支払いが求められます。多少の遅れであれば発生しないケースもあるようですが、支払い日から起算して遅延が長引いてしまうとより多くのお金を支払わなければならなくなってしまいます。

督促状や勤務先への電話も

通常、支払いが滞ってしまうと、自宅に督促状や払い込み用紙の同封された郵便物が届きます。業者によってはこのタイミングで、契約時に記載した電話番号へ支払いの有無の確認と催促の電話が入ることもあります。

しかし、もしこれらの督促があったにもかかわらず電話を受けた後に支払いをしなかったり、電話を何度も無視したりしていると、自宅の固定電話や勤務先に自分あての電話が入るかもしれません。しかも、この時には在籍確認をするときのような配慮のある電話ではなくはっきりと業者の名前を出すことも多いようです。

借入金の即時ご返済や法的手続きが取られる

初めの督促を無視した上で、勤務先や自宅への電話があったにもかかわらず借入先へのご返済を拒んでいると、とうとう法的手段によって取り立てを行う業者も少なくありません。貸金業法では、裁判所へ申し出ることで法的な拘束力を持つ取り立てが可能になることも定められておりそれを行使するのです。

裁判所からの通知書を無視してしまうと、強制執行という手段に発展。これは、法的手続きにのっとって家財の一部を支払いに必要な分だけ差し押さえることができる手続きです。家具や家電はもちろん、借入金額が大きければ持ち家やマイカーといった家財も抑えられてしまうかもしれません。

借入金のご返済が滞ってしまうと発生するペナルティは、延滞した期間や金額に応じても大きく変化します。最初は、本人宛の通知や電話といったものですが、度を超えた延滞は、人間関係に影響を及ぼしたり、財産の差し押さえにつながったりする可能性も否定できません。

こうした状況にならないように、ご返済はできる限りスムーズに進めていくことが大切です。また、万が一ご返済が間に合いそうにない場合には事前に金融業者へ相談をすることでペナルティを回避したり、解決策をアドバイスしてくれたりします。業者としてもご返済をしてくれる顧客には、きちんと対応してくれるのです。借入をしたら無理のないご返済計画と、確実なご返済を心がけましょう。

関連|複数社の借入をまとめて一本化返済するメリット

追記

それゆえ、一個人が業務用の元金として借りる事例は、総量規制を考慮する必須がないのです。
そうした方のポイントになるように、「査定で拒絶されやすい人の特色」というものを出荷します。
お金を借りるという時に、「自身がカードクレジットの査定に受かるか如何にか」気に掛かりますよね。
なので、多くの元金を調達したいというケースは、銀行に申し込んだ方が間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です